こうやって印刷しています
ショップ販売
アクセス
定休日・営業時間
活版印刷のご注意

哀愁を感じさせるイラストを描く河童が店主の河童堂。

手キン(手フート)と呼ばれる小型の印刷機を使って、店主自ら一枚一枚手刷りしています。その見た目やレトロ感あふれるカワイイ印刷機に出会い、心奪われました。樹脂版を作り、インクを練り、ローラーでのばし、一色ずつ一枚一枚プレスして刷る……
あえて今の時代とは逆方向のアナログな印刷方法で、暖かさを感じられる紙雑貨を作成しています。

河童堂の手キンは鮮やかな緑色です。大阪から東京まで会いに行ったとき「カエル?いやカッパだ!」と思いました。その日から「河童堂」の屋号は決まっていたのかもしれません。店主がもともと河童顔なのももちろんではありますが…。

手動の活版印刷独特のかすれ、にじみ、凹みは、独特の風合いで、やさしさや暖かさも感じられる仕上がりです。他にはない繊細で味わい深いカードで、大事な人にメッセージを伝えてみませんか。

プロの印刷屋ではないので印刷の受注はしておりません。

河童堂の手キン

 
実は河童堂では鉛の活字は使用していません。樹脂版というやわらかい版を使用して印刷しています。正確には樹脂版印刷です。海外のようにレタープレスと言った方がスマートかもしれませんね。
工程その1、インキ練り 版をセットしてからインキを練ります。活版専用インキはもとの色数が少ないので調色(色合わせ)が大変です。
慎重に用紙をセットします 慎重に紙をセットします。位置などを確認します。1枚ずつ、1色ずつ印刷します。2色使う場合は1色目が乾いてからなので時間がかかります。
いよいよガチャンとプレス 紙が落下したりずれたりしないように気をつけながら…ガチャンとプレス。
どんどんプレス

次の紙をセットして「えい!」

…ガチャン。

ずらりと並べて乾かします どんどん刷って乾かします。1色が乾くのに最低1日かかります。2色で2日、3色で3日かかります。

topへ


河童堂の工房の窓に小さなショップコーナーを作りました。新商品が最も早く並びます。
でも工房のかたわらの小さいスペースをショップにしているので並ぶ商品は少ないです。
そして中に入るのも勇気が必要です。
ちょうど印刷中であれば体験していただける場合もあります。
また河童はおつりの計算が苦手です。
※平日、土曜が営業日ですが打ち合わせなどで外出すると閉めてしまうので不定休と思ってもらった方がいいかもしれません。
窓に設置されたショップコーナー
topへ


河童堂
〒550-0003 大阪市西区京町堀1-12-28 壽会館ビル1階 ほ号(ガラック・グラフィック内) 
電話06-6443-5333(デザイン事務所ですので「ガラックです」と出ますが驚かないでください)
大阪市営地下鉄「肥後橋」7番出口から徒歩5分、「本町」28番出口から徒歩10分くらいです。

大きな地図で見る
topへ

定休日  土曜・日曜・祝日。お盆、年末年始。
     土曜はときどき開けることもあります。
     河童は気まぐれなので平日もいないことがあります。
営業時間 基本的に11時〜18時ですがぶらりと外出することもあります。

topへ



河童堂で扱うのは古い手動の活版印刷機です。1枚1枚印刷をするので多少のズレなどが発生致します。また滲み、かすれなども起こります。このテイストに価値を感じていただけないと苦痛が伴う可能性が高いと思われます。
時間がかかるうえに滲んでいて、しかもちょっと高い。でも…あったかい。そこに価値を見いだしていただけると幸せな関係が築けるのではないかと思います。

topへ
河童堂ロゴ〒550-0003 大阪市西区京町堀1-12-28 壽会館ビル1階 ほ号(ガラック・グラフィック内)